MENU

アニマルメディカルケア鵠沼病院

0466-26-1926
Facebook
Twitter
Youtube
Blog
お知らせ | Information
院長あいさつ | Greeting
診療内容 | Medial Care
検査機器・機材 | Medical Device
オゾン療法 | Ozone therapy
診療事例 | Case
アクセス・予約 | Access & Reserve
0466-26-1926
Facebook Twitter Youtube Blog

院長あいさつ

Greeting

あなたの家に来た
その日から
かけがえのない存在に...

院長あいさつ

アニマルメディカルケア鵠沼病院 院長 加藤保夫
アニマルメディカルケア鵠沼病院 院長 加藤保夫

始めまして、病院長を勤めます加藤保夫です。1987年7月に鵠沼の地で開業し30年が経ちました。
その年月の中で獣医学とそれを取り巻く医療機器は目まぐるしく進化しており、治療成績の向上とそのリスクの軽減、そして動物への負担を少なくするという相反する事を達成するため長年試行錯誤で行って参りました。当院の特色は以下の通りです。

まずは医療機器の充実です。適切な診断と治療のために欠かせないものであり、様々な病気や病状に対応できるよう揃えました。詳細は検査機器・医療機器をご覧下さい。
更に、眼科に関しては分からないものを分かりたいという理由でしたが、様々な講演で情報を得るだけでは不十分と感じ、日本大学の研究生として4年在籍し白内障の手術も含め様々な知識や技術を指導して頂きました。
眼科を診療する際には細部の変化も見つけなければならず、その応用が他の診療科目にも大きく貢献していると感じております。
また最近では、腫瘍の補助療法・老齢動物の食欲不振・皮膚病の治療に副作用が認めにくく簡単に行える、第3の治療とも言えるオゾン療法を活用しております。こちらもオゾン療法で詳しく紹介しております。

動物だけに限らず、医療というものは患者の皆様がきちんと理解をし、一緒に前を進んでいく事が何より大事だと考えております。
もちろん医療設備も必要ではありますが、何よりも診察に於いては動物と対話し、よく観察を行い、そして飼い主の訴えをよく聞き、いろいろなデータをご覧になって頂きながら病気のことをよく知って頂くように心がけております。
今までも、そしてこれからもその姿勢を守り、最新の医療機器や獣医学を取り入れ、最善の治療を提供して参りたいと存じます。

当院の理念

01 飼い主と動物のストレス軽減に向けて

予約診療の実施

待ち時間を少なくし、駐車もスムーズに
前の方の診察によっては多少お待ちいただく場合もございます。

動物の性格を見極め診察

動物にも一人ひとり性格があります。その性格に合った診察を心掛けております。
猫の飼い主の方にはなるべく犬の診療と重ならないよう予約を進めております。

02 病気を理解してもらうための工夫

レントゲン写真やエコー画像をはじめ顕微鏡で見ている画像や皮膚病・眼科のデジタルデータはすべて診察室にある大型スクリーンに映して説明しております。
また以前のデータを並べながらその治療効果を理解して頂いております。
また病気毎のデータをまとめ同じような病状で来院された方への説明にも活用させていただいております。

03 負担の少ない治療の実践

オゾン療法

少ない副作用・簡便な実施・以前の治療法と比較しても同等以上の効果もあるため、当院では該当する症例には積極的にお勧めしております。詳しくはオゾン療法の項目で。

歯科

現在全身麻酔を使わず局所麻酔で8割の患者に歯石除去を行っております。
もちろん奥歯の裏側も大半が除去できております。

レーザーメス

手術の際には通常のメスに比べ出血が非常に少なく傷跡もきれいです。
皮膚の小さな腫瘤は局所麻酔で簡単に切除できます。

内視鏡、腹腔鏡

お腹を切らずに飲み込んだ異物を摘出したり、肝臓病の診断で病理検査が必要な場合ボールペン程度の小さな穴を2か所開けるだけで組織を採取できます。