MENU

アニマルメディカルケア鵠沼病院

0466-26-1926
Facebook
Twitter
Youtube
Blog
お知らせ | Information
院長あいさつ | Greeting
診療内容 | Medial Care
検査機器・機材 | Medical Device
オゾン療法 | Ozone therapy
診療事例 | Case
アクセス・予約 | Access & Reserve
0466-26-1926
Facebook Twitter Youtube Blog
診察事例
Case

日々の診療は多岐にわたります。
その中でいくつかの症例をご紹介させて頂きます。

避妊手術

術創


写真は他院での術創です。
犬が舐めないようにするため、糸の端がチクチクするワイヤーという金属糸で縫合してあります。

術創が大きいだけではなく糸のサイズも太めです。
その為抜糸後の瘢痕形成が強いのも傷への負担が強かったためです。

傷が癒えても糸の痕が残ります。

当院での猫の避妊手術後の傷跡です。猫の場合抜糸をする際じっとしていない場合もあるため、抜糸の必要がないように傷側に埋没するよう縫合しております。

詳しくはそれぞれの動画でご確認ください。