MENU

アニマルメディカルケア鵠沼病院

0466-26-1926
Facebook
Twitter
Youtube
Blog
お知らせ | Information
院長あいさつ | Greeting
診療内容 | Medial Care
検査機器・機材 | Medical Device
オゾン療法 | Ozone therapy
診療事例 | Case
アクセス・予約 | Access & Reserve
0466-26-1926
Facebook Twitter Youtube Blog
診察事例
Case

日々の診療は多岐にわたります。
その中でいくつかの症例をご紹介させて頂きます。

外科

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨内方脱臼は小型犬種に多く見られ、幼少の時期から脱臼する期間が長いと成長に伴って形成される溝が浅くなるため、写真のような滑車溝形成術を主体に行っております。

術中再脱臼が認められる場合は、更に脛骨稜転移術と呼ばれる膝蓋骨を牽引している靱帯の付着部である脛の骨を切り離し外側に転移する手術を行います。
脱臼する全ての症例に手術が必要なわけではありませんが、繰り返す跛行(びっこ)・消炎剤でも改善しない跛行・十字靱帯断裂も併発した場合などは手術を強くお勧めしております。

滑車溝の一部を含めた骨を切離し、その土台を削る。

削った後に最初に切離した滑車溝の骨を戻すと、削った分だけ溝が深くなり膝蓋骨が脱臼しづらくなる。