MENU

アニマルメディカルケア鵠沼病院

0466-26-1926
Facebook
Twitter
Youtube
Blog
お知らせ | Information
院長あいさつ | Greeting
診療内容 | Medial Care
検査機器・機材 | Medical Device
オゾン療法 | Ozone therapy
診療事例 | Case
アクセス・予約 | Access & Reserve
0466-26-1926
Facebook Twitter Youtube Blog
診察事例
Case

日々の診療は多岐にわたります。
その中でいくつかの症例をご紹介させて頂きます。

外科

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは椎間板の周りの軟骨成分に亀裂が入り、中の髄核が脱出し脊髄を圧迫し後肢が麻痺して歩けなくなるタイプのものがあります。
ミニチュアダックスに多く見られ当院でも90%を占めています。

急激に発症し歩行不能となる場合脱出した髄核(黄色矢印)を外科的に摘出することで日常生活に支障のないレベルまで改善回復することが可能です。

手術を行う際には背骨の一部を削って穴を作る必要があるため、当院では誤って脊髄に損傷を与えるドリルは使わずソノキュアと呼ばれる骨を削る手術器具で好成績を収めております。
 

脱出した椎間板物質