MENU

アニマルメディカルケア鵠沼病院

0466-26-1926
Facebook
Twitter
Youtube
Blog
お知らせ | Information
院長あいさつ | Greeting
診療内容 | Medial Care
検査機器・機材 | Medical Device
オゾン療法 | Ozone therapy
診療事例 | Case
アクセス・予約 | Access & Reserve
0466-26-1926
Facebook Twitter Youtube Blog
診察事例
Case

日々の診療は多岐にわたります。
その中でいくつかの症例をご紹介させて頂きます。

消化器内科

胆嚢粘液嚢腫

胆嚢疾患は犬では時々遭遇しますが、その中でも気を付けなければならないのが胆嚢粘液嚢腫です。
時に無症状の場合もありますが、多くの場合、胆嚢炎、(肝外)胆管炎、(総)胆管閉塞、胆嚢破裂が併発しており、これに関連した嘔吐、食欲不振、黄疸などの臨床症状が見られます。
治療を行わないと胆嚢破裂を起こし予後が極端に悪くなる場合が多いため、血液検査での肝臓の数値が高い・炎症の数値が高い・エコー検査で胆嚢以外に炎症の徴候が認められる場合は軟部外科でご紹介した胆嚢切除術を実施しております。

胆嚢壁が厚く、中身が典型的なキュ-イフルーツ状

切除後の胆嚢を切り開いたもの。胆汁という液体の性質を失い、粘り気の強いものに変化。この状態は胆嚢としての機能を完全に失っております。